?g??z?[???y?[?W??? title=
お知らせ

接触性皮膚炎と職業性アレルギー

硫酸や水酸化ナトリウムなどの物質の性質により、化学的なヤケドを起こす物は、危険性の評価がしやすいです。また、有機溶媒の化学的性質に拠る障害の予防、発癌・血液や中枢神経への影響は濃度管理を行う事で回避出来ます。
保護具も適切に使うことで、障害を回避出来ます。しかし、防毒マスクの口に接する部分をベトベト触ったりすると、せっかく吸着して奇麗になった空気にトルエンなどの溶媒が気化して吸い込んでしまうので、適切な利用法は身につけないと行けません。
ひび割れた手や長い爪などでは、爪やヒビに溜まった対象の化学物質が手袋をすることで、閉じ込められ、湿布の様に局所で障害や吸収の増加を招く恐れが出ます。
健康だったら皮膚が跳ね返すバリアになりますが、ひび割れは侵入門戸に成りかねません。もっとも保護クリームは有機溶媒がとけ込みやすいので、作業前には良く洗い流す必要が有ります。
保護眼鏡さえしていれば角結膜炎に成らなかったと言う事例も散見されます。直接目に入らなくても、ソフトコンタクトにも先のハンドクリームの様に有機溶媒が溶け込み易い事が安全性データシート(SDS)などにも記載されています。
特異的な反応、作業資材に対するアレルギーが出る場合があります。他の作業者にはでなくても、その人には特別に配慮が必要ですし、濃度管理が作業区分を満たしていても症状が出る困難さがあります。
SDSで見るときは皮膚感作性という所で見ます。それでもSDSは会社によって書き振りも異なるので、読み比べて下さい。それでも、稀でも出る人は出るので絶対は有りません。
さらに、困難なのは手袋やマスクのラテックスやビニールの成分にアレルギーが出る人も居るので、保護具が逆効果になる残念な場合が有るのも否めません。
アジュバントという言葉もあります。免疫を強めるというと良い作用の様に聞こえます。ワクチンなどで抗体を作る時に、アルミや油脂を加え、作り易い様に補助する事です。
しかし、グリースとタルク、排気ガスの粉塵とスギ花粉、こういった組み合わせて、製造する資材や製品に対する直接のアレルギーだけではなく、他の何気ないアレルギー疾患が後押しされ顕在化する事例も多く見受けられます。無水フマル酸を扱う作業者では、高濃度に曝されたら、46%は結膜炎を、40%は鼻炎を、14%は喘息を発症したそうです。一方、低暴露では20%が結膜炎と鼻炎、喘息は無しだったという事業場の報告論文も有ります。
2013-05-20 21:27

>>新:蚊と感染症
<<前:H7N9が揚子江下流で話題に


お得なクーポン
お知らせ一覧へ
横浜ゴム健保組合平塚診療所サイトトップへ

Information
横浜ゴム健保組合平塚診療所
TEL:0463359565
mail:
営業時間:朝08:30~11:30

ページ上部へ

Copyright. 横浜ゴム健保組合平塚診療所

携帯ホームページ集(その他)
シュガークラフトアトリエ 美らさ〜たぁ(武蔵溝ノ口の手芸教室)
ビッグボーイ 釜利谷店( のファミリーレストラン)
携帯サイト無料作成 ケイティ
クーポン検索ならたべにこクーポン
美容室・ネイル・エステのクーポン